28-08

昔は海外旅行というと高嶺の花

オリンピックが国内で開催されまやったことによりまして、日本は一気にグローバル化を推進しており、その影響で海外旅行が一気に普及しました。1970年代になると徐々に費用が控えめになり、一般人でもどうにか手が届くようになってしまいました。

そのうちにせよ、彼が生きていた1800年代に、海外旅行という定義が生まれたと言って最善でしょう。以降、戦争を経た日本は徐々に国際化を進め、その過程の中で、旅行先がワールドワイドな方向へと向いていくようになるのでしょう。

近年、海外旅行をする人は珍しくはないが、昔は海外旅行というと、要するに高嶺の花だった。海外へ渡った日本人はそれ以前にも数多くいたんですけど、旅行目的で日本を飛び出させたのは、あの「ジョン万次郎」が最初ではないと言い伝えられているのです。

とは言いましても、この時期はまだ「海外旅行=富裕層の娯楽」という図式のままで、実際にその費用は車を買い求められるより高く、一般人にはなかなか手が出てこないものだった。特段契機となりましてしまったのは、1964年に開催されました東京オリンピック。

その歴史を紐解くと、1800年代にまで遡ります。ですから、海外旅行の基礎知識も普及しておらず、すべての市民はそこに夢を見たと言い伝えられています。


関連記事


おすすめ記事